法隆寺工場

法隆寺第一工場

名称 法隆寺第一工場
工場所在地 〒639-1062
奈良県生駒郡安堵町大字岡崎268-1
TEL : 0743-57-5641
FAX : 0743-57-5640
敷地面積 3,923.72㎡ (1,189.93坪)
建物面積 2,172.63㎡ (657.22坪の3階建構造)
人員 75名 (平成30年3月現在)

法隆寺第二工場

名称 法隆寺第二工場
工場所在地 〒639-1061
奈良県生駒郡安堵町大字東安堵1585-1
TEL : 0743-58-3571
FAX : 0743-58-3572
敷地面積 3,193.00㎡ (965.88坪)
建物面積 4,500.00㎡ (1361.25坪)
人員 33名 (平成30年3月現在)

運営方針

「品質は会社の品格」、「納期は会社の信用」、「コストは会社の収益と発展の源泉」と位置づけ、それぞれ記載の重点活動項目を設定し、その行動指針を、ひとつは、徹底した5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)の実践。二つは、管理サークルの推進。三つは、報・連・相の徹底としてがんばっております。

基本目標

1.品質の向上(品質は会社の品格)

[ 重点活動項目 ]
(1) 業務の標準化、(2) 加工と検査の一体化(主要品質項目の全数検査化)、(3) 人材の育成(OJT)、(4) ISO9001に準拠する品質体制

2.納期対応力強化(納期は会社の信用)

[ 重点活動項目 ]

  1. 生産管理システムの運用強化(受注から出荷までのトータル管理体制の強化)
  2. TPM活動による設備効率改善で、繁忙期の生産能力の極大化

3.コスト対応力強化(収益・発展の源泉)

[ 重点活動項目 ]

  1. 最適購買の推進で、継続的なCRの推進
  2. 内部付加価値を高める生産体制の推進
  3. 課別責任経営で、原価意識と管理体制の向上

行動指針

1.徹底した5Sの実行

5Sを徹底することにより、職場環境の美化、従業員のモラル向上を促し、業務の効率化、不具合流出の未然防止、職場の安全性向上を図ります。

2.P・D・C・Aサイクルの実行

手配発注・生産しっ放しでなく、必ず管理する項目を決め、記録し、分析し、改善します。らせん状に繰り返すことによって、品質の維持・向上および継続的な業務改善活動を推進します。

3.真の報・連・相の実行

「目的」「相手」「自己」の「3つの視点」から報・連・相(手段)をとらえ、仕事の質を高めます。真の報・連・相とは即ち

  1. 上司へのきびきびした「報告」
  2. 円滑なお互いの「連絡」
  3. 組織に拘らない自由な「相談」のできる風土づくり。

環境への取り組み

取組内容

  1. 工場内に、断裁紙屑の集中回収装置を併設(H3年)
  2. 廃棄物圧縮機の導入と分別廃棄基準の設定(H15年)
  3. 産廃処理業者と連携し、廃棄費用を削減できる分別基準の見直し設定(H16年)

新廃棄物分別基準

  • 有価物・・・[1]有価紙、[2]ダンボール、[3]ワンプ
  • 産業廃棄物・・・[1]塩ビ表紙、[2]廃プラ、[3]金属屑、[4]布、[5]木屑、[6]その他
  1. 分別基準による分別の徹底で、有価物が増加し、産廃物が減少
  2. 産廃物の減容化で、回収頻度も減少し、廃棄費用が大幅に削減

工場トップへ