会社情報

沿革 ダイゴー株式会社の歩み

4月

井上写真台紙製造所他3社が合併して大阪合同紙工(株)を設立

資本金15万円

大阪合同紙工社屋

昭和19年

9月

ダイゴー商標のもとに事業を開始

昭和20年

8月

資本金150万に増資

9月

大阪銀行(現三井住友銀行)から年末贈答用手帳を受注し、手帳専業の基盤となる

昭和23年

10月

ダイゴー商標の定着化に伴い社名をダイゴー株式会社へ発展的に改称

旧社章

昭和36年

5月

資本金2,400万円に増資

昭和39年

10月

東京営業所開設

東京営業所

昭和40年

9月

手帳専用機の自社開発を進め、生産性を飛躍的に向上さすと共に現在の機械化された工場の基礎を築く

昭和41年

10月

名古屋出張所開設

昭和43年

3月

日本万国博が開催され、「万博手帳」更には女性向の「デラクール手帳」「旅行手帳」「ダンエース」を発売し、好評を博す

10月

名古屋出張所を営業所に昇格

名古屋出張所を営業所

昭和45年

4月

東京営業所を支店に昇格

6月

福岡営業所開設

8月

台紙部専門工場として本田工場の新設操業を開始

福岡営業所

昭和46年

3月

札幌出張所開設

7月

本社社屋新築落成

手帳専用紙の開発・研究に着手

本社社屋新築

昭和47年

大阪西税務署から優良法人として表敬状を授与

【昭和40年代の工場風景】
見返し貼り手クルミ

昭和48年

5月

リフィルを差し込んでオリジナル手帳を作る「ハンディピック」の発売を開始

昭和53年

4月

創業者竹野三郎会長、志方邦弘社長に就任

11月

竹野会長、勲五等瑞宝章を叙勲

昭和55年

4月

仙台出張所開設

昭和56年

9月

資本金4,800万円に増資

昭和57年

4月

全社品質運動(TQC)に取り組む

昭和58年

1月

創業者竹野三郎会長死去 追賜により従六位に叙せられる

4月

「創業の人竹野三郎とダイゴー四十年の歩み」出版

昭和59年

4月

CI導入、社章・社名ロゴを一新し新生ダイゴーのスタート

ロゴ

昭和61年

3月

東京特販部開設

9月

従来の「プロミスダイアリー」を改名し、新たに「アポイントダイアリー」の発売を開始

昭和62年

3月

札幌出張所、仙台出張所を営業所に昇格

5月

DPI(ダイアリー・パブリシャーズ・インターナショナル)のメンバーとなる

昭和63年

3月

東京物流センター開設

12月

大阪物流センター開設

平成元年

7月

営業第二部事務所を東大阪に移転

営業第二部工場を放出に移転

10月

シンガポールに海外拠点 DAIGO INTERNATIONAL PTE.LTD.を設立

平成2年

3月

本社社屋新築落成

4月

東京支店社屋新築落成

本社社屋東京支店社屋

5月

奈良法隆寺工場新築落成

奈良法隆寺工場

平成3年

4月

第二事業本部 旧本社地に移転

平成5年

6月

法隆寺に物流センター新築落成

平成10年

8月

第二事業本部物流部門 奈良法隆寺物流センターに移転

平成11年

9月

第二事業部営業権を竹野(株)へ譲渡 竹野(株)DAIGO事業部として発足

平成12年

3月

銀行保証付無担保社債発行

4月

志方社長勲五等瑞宝章を叙勲

平成15年

3月

志方邦弘会長に、志方弘嗣社長にそれぞれ就任

平成16年

10月

環境に配慮した製品の提供を目的に「FSC®(coc)認証」を取得
ライセンス番号 FSC-C006636

平成19年

4月

仙台営業所を札幌営業所に統合

平成20年

8月

特定労働者派遣事業資格を取得

平成26年

3月

事業本部制を廃止し、事業部制へ移行 仕事と家庭の両立を目的に、次世代認定マーク「くるみん」を取得

平成27年

4月

改元に合わせて新元号(令和)ダイアリーを発売

平成31年